家の売却を不利にする「近所には内緒」

住宅の売却を使用と思っても、不動産会社に対して「近所には内緒で売却したい」という売主もいます。

売主としても、いろいろな事情があるでしょうから、そう言われた不動産会社では広告も出せずに売却を進めていくことになります。

しかし、これでは売却も不利になりますし、高い希望価格を出すことは難しいですね。

どうして内緒では不利なのか?

近所に内緒の住宅の売却では売れないことが多いのはどうしてなのでしょう?

不動産会社でも話があるかもしれませんが、近所の方が買主になるケースがありますので、広告を出せないというのは致命的になることがあるのです。

当然、玄関前にも物件を売りに出しているとは張り出しませんから、ちょっと1本違う道を歩いたら気に入る物件があったというチャンスもありません。

確かに売主には事情があるのでしょうが、身近な見込み買主を逃してしまうことになるので、出来るだけ近所でも広告が出せるようにしていたほうがいいのです。

違う地域で広告を出したとしても、知らない町まで見に行って売り物件を探そうとは思わない人が多くいます。

よほど魅力的な物件なら話は別ですが、買主を探せる範囲は大きく持つようにした方がいいでしょう。

広告活動をしっかり出来ないと

近所に内緒で広告をしなくてはいけない不動産会社としては、かなり広告活動の制限がされてしまいます。

売主の意向は厳守しなくてはいけないので、近所には絶対知られるわけにはいきません。
仮に最寄りにお住まいの方が、周辺での売り物件を探しても、紹介することができなくなります。

販路が縮小されてしまいますので、家の売却自体が難しくなりますし、しかも高値での契約額にするのも難しいでしょう。

不動産会社に頼んでおけば、内緒で高く売れるだろうと考えることが出来ません。

家を高く売ろうと思うのであれば、なおのこと不動産会社の宣伝活動が制限されるような形を取らないのが理想的です。

内緒にすると出来ないことが他にも出ます

住宅を売却するときには、近所にチラシを入れるだけではなく、インターネットにも広告を出しています。

しかし、内緒にしたいという事があれば、当然、インターネットへの掲載も出来ないということになってしまうのです。

情報の提供範囲がかなり限られてしまいますので、時間を掛けても売却できない状況が予測されます。

登録している方や不動産会社に関わりのある方としても、その中に近所の方がいる場合には不動産会社では紹介することが出来ません。

各不動産会社としては引き受けてくれますが、売主の希望がかなわない確率が高いと思っていいでしょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ