家の売却はスケジュールを基本として価格の設定をする

家の売却を戦略的に考えようと思ったら、まず検討するのはどの項目からなのでしょうか?

ノープランで売却しようと思っても、途中で何かしらの問題が出てきて、話そのものが頓挫することになりますので、スムーズに進めていきましょう。

売主側に計画がないと不動産会社の営業マンも、どのようにしていいものか決めかねることもありますよ。

価格の設定を段階ごとに検討する

価格については段階的に下げることになっていきますので、これをどのようにしていくのかということをしっかり決めていきましょう。

最初の参考としては不動産会社の査定額がありますが、これに関しては過去の事例や市場の動きを見ながら算定していくものです。

また査定額は、売主が都合のいいように解釈してしまう可能性が高いので、確実性が高いとは言えませんね。

実際に売主が売却価格を決めるときには、希望的観測での設定をしています。
つまり、「このくらいで売れると助かる」という最低ラインになていますよね。

買主としては、その希望通りの価格で購入しようとは思っていませんので、変動が出ることになるのです。

そこで最終的に決めなくてはいけないのが、売却価格で損をしない妥協点です。
売主にとって「これ以上値下げするのなら売らない」と思うようなラインになります。

それぞれに家の売却をする事情があるのでしょうが、こんなに損をしてまで売らなくてもいいと思う額になることは避けたいですね。

せっかく所有している物件を捨てるような価格で販売しなくていいように、最低ラインの価格を検討しておいたほうが目安として利用できるようになります。

スケジュールの作成は必須

住宅売却のスケジュールはなぜ必要になるのでしょうか?

買い替えとして家の売却をするのなら、売却と購入のスケジュールが連動していないと話が進まなくなります。

また、価格設定とのリンクをさせますが、最初は○○万円での売り出しをして、何ヶ月後には△△円に値下げをしようという考え方をしていないと、計画的な売却活動ができなくなるのです。

最低ラインを決めていないと、時間だけが過ぎていき、売主は「どこまで価格が崩れていくのだろう」と不安になりますね。
スケジュールと価格設定の連動があれば、不動産会社の営業マンと相談しながら、広告の利用もしやすくなるのです。

不動産会社の営業マンは、いついつに同じような物件が○○万円で売れたので大丈夫ですと言うかもしれませんが、それはその時の市場の傾向があるのですから参考にはしないようにしましょう。
過去の価格では参考にならず、かえって邪魔な知識にもなりますよ。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ