妥当な家の売却価格を決めるには

家の売却活動を始めるときに売主が最初に決断しなくてはいけないのが家の売却価格になります。

不動産会社の査定額は目安にはなりますが、必ずしも市場で求めている価格ではないということもあります。

買主の目線だけを気にしていては、売主が満足出来る住宅の売却価格にはなりませんし、どの程度の価格帯であれば妥当だと判断できるのか基準を検討してみましょう。

希望額が売却額にはならない現実

正直に申し上げると売主が考える最初の売出価格については、希望額としてしか認知されません。
多くの住宅売却のチラシを見ても、そこに掲載されている額で購入されているのではないのです。
どうしてこのような現実になっているのでしょうか?

売主は少しでも高く買って欲しいですし、買主は少しでも安く買おうと考えています。
一般には買主側の希望が叶うように、いかに値引き交渉をするのかという知識が氾濫するようになりました。

市場に出回る情報は得てして購入側つまり買主が有利になるように傾いていくことが多いのです。
売主としては売却を済ませたいという心理もあるので、買主との価格交渉を避けることは出来ませんね。

価格交渉では買主も値引き可能な範囲を把握していることがありますので、その中間点として売主が妥協点を見つけることになります。

このようにして最初の希望額としての売却価格の通りにはならないということになるのです。

売却損はやむを得ないもの?

住宅というのは経年によってその価値が変わるものではあります。

建築当時にかかった費用をそのまま回収しようと思っても、中古住宅として売却するので比較すると売却損が出てしまいますね。

特にバブル期に建築したものですと、その売却損は大きなものとなってしまいます。
ただし、売主と売主側の不動産会社によって付加価値をつけることが出来るのではないでしょうか?

戦略的に家の売却をしようと思うのなら、売主の住宅に対して、潜在的なメリットがいかにあるのかを洗い出しましょう。

売主目線では親ばかのように住宅への愛着を持っており、偏った情報となりますので、客観視出来る不動産会社の目線が求められるのです。

デメリットについてもアウトプットしますが、総じてプラスになる宣伝活動をするための作戦を検討するべきですね。

この作業をすることによって、価格交渉で大幅な値引きをしいられるということが防げるようになり、売却損を抑えることに繋がっていくのです。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ