家の内覧を断るとチャンスはもう来ない

家を売るときには内覧というのが必ずあると思って下さい。
買主も通信販売ではないので現物を見て判断すると考えます。

大きな買い物でもありますので、しっかり自分の目で見て納得したいものですね。
しかし、売主側に、この内覧を軽んじてしまう傾向があるのです。

実にもったいないことですので、内覧の重要性についてご紹介していきます。
家の売却では、お見合いとも言える大事なことですので、売主も内覧について考え方を変える必要がありますよ。

内覧の重要性って何だろう?

家の売却で内覧の重要性をご理解いただいているでしょうか?
仮に、ご自身が買主の立場になったとして、何の確認もしないで家という大きな買い物が出来ますか?

間取りなどの情報だけでは判断できないことがたくさんあるのです。

実際に見てみたら内装が汚いとか、思っていたよりも狭く感じる、外壁に日々が入っていて、近所の騒音が気になるという問題点が出ることもあります。

最初に見てから決めたほうが良かったと後悔しても購入してしまったあとではどうしようもないことがあるのです。

このプロセスを飛ばすという買主はまずいませんので売主もその準備をしておきましょう。

内覧のチャンスは1回だけです

内覧の連絡をしても、あまり大事な理由ではなくお断りをしてします売主が多いですね。

予定を入れても「その時間は買い物に行くからずらして欲しい」「掃除が出来ていないから別の日に」などということが多いのです。

その用事と家を売却することでは、どちらが大事なのかはわかりますね。
買主も不動産会社の担当者も時間のやりくりをしているので、出来るだけ都合に合わせるようにしましょう。

一度、内覧でキャンセルを受けた買主が、日を改めて出直すというのはよほど興味がなければありえません。

せっかくのチャンスを潰してしまうことになりますね。
内覧はお見合いと同じようなものです。

チャンスを逃すと二度と戻ってこないと思って内覧を受けるようにしましょう。

あとで後悔する売主の多さ

些細な理由で内覧を断った売主の多くはかなり後悔をしているケースが多いです。
「あの時に売れるチャンスがあったのに」と思っても、既に遅いということになります。

内覧をしても売れないケースや、内覧にさえきてもらえないということが多い中で、見てもらうというのは貴重なチャンスでもあります。

「どうせ内覧を受けても売れないし」と考えるのではなく、「前回はこんなことに失敗したけれど」と改善していく知恵が入ってくるのも内覧の時だけなのです。

ムダなことは1つもないと考えて積極的に内覧の機会を設けていきましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ