家を値下げをしても実は適正価格でしかない?

家を売る価格を下げてみても、あまり良い反応がない時もあります。
売主としては、その理由がわからずに、家の売却に失敗することもあるのです。

なぜ、売却価格を下げてもスムーズに家を売ることが出来ないのか理由を考えてみましょう。
また、その地域での適正価格がどうなっているのかを調べる方法も併せて検討するといいですね。

せっかく値下げをしても反応がない

家の売却価格を下げてみたけれど、どうも反応がなくて困っているという売主は多いですね。
なぜ、買主からの反応を得られないのでしょうか?

物件価格がまだ高いのか、それとも家がそもそも価値のないもので興味が持たれないのかと悩んでしまうところでしょう。

最初に不動産会社の査定を受けた時に、何を基準に選んだのかということでも差が出てきます。

もし、査定額が高いから気に入ったという不動産会社に任せているのなら、最初から高い売却価格の設定をしてしまっていることになります。

家の売却価格を下げたつもりが、実はその地域での適正価格にのせただけということもありますよ。

どうして価格の把握ができないのか?

適正価格を売主が把握しにくいのにはどのような理由があるのでしょうか?

確かに不動産会社の査定を受けているものの、不動産会社としても顧客を得たいがために聞こえの良い金額で査定をしていることがあります。

売主としても家を売るのには高い値段のほうがいいので、これに乗せられる傾向が出てきてしまうのです。

地域の適正価格として査定を提示している不動産会社を、この時点で除外してしまっていることになりますね。

このようにして適正価格より遥かに高い売却額を設定する売主が多く出てしまいます。

地域の適正価格を調べてみましょう

実は、不動産会社に頼らなくても売主が地域の適正価格を把握することは出来るのです。

これを参考にして不動産会社を選ぶようにしていけば、高すぎる売却額の設定をすることはありませんし、家を売るのに失敗することも避けられますね。

一軒家の場合には、その家ごとに特性がありますので、同じ条件のところを探すのは難しいですが、似通った条件での売り物件情報を集めると目安になる価格がわかるようになります。

チラシなどを集めておくのもいいでしょう。
ただし、チラシに掲載されている金額は希望額であり、成約価格ではないことを把握しておきましょう。

売主の希望額より成約価格のほうが低くなっていることが多いので踏まえておくと問題ないですね。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ