家の内覧で失敗しているのはこんなところ

せっかく内覧に来てもらっても、なぜか家を売るのに失敗している売主が多いですね。

内覧にまで来ていて売却できない理由はどこにあるのでしょうか?
買主側の担当者も、これに関しては理由を告げる立場にはないので、売主はわからないままになっているのです。

ここでは家の内探で失敗するポイントをご紹介しますので、注意点として改善してみてはいかがでしょうか?

家の中が片付いていないと~

内覧の時に家を片付けていないのは、買主にとってかなり印象の悪いものになります。
せっかくいい家なのに、もったいない話ですね。

買主は、一度、悪い印象を持ってしまうと、もうその物件に興味をもつことはありません。

リフォームをして見た目を良くしていたとしても、雑然と散らかっているような家ではダメだということです。

さすがにモデルルームのようにはならないかもしれませんが、それに近い状態で買主を迎えられるように努力する必要があります。

見せないことのデメリット~

家の内覧に来てもらっているのに、「ここは子供の部屋なので見ないで下さい」などと制限を設ける売主がいます。

買主は、きちんと確認するために来ていますので、見られないのであれば来た意味はありません。

また、アレコレと制限を設ける売主に対して良い印象を持てなくなりますね。
恐らく「こういう人から家を買うと面倒なことになりそうだ」と思ってしまうでしょう。

内覧の時にはご家族の協力も得て、売主はセールスマンになりきるくらいでちょうどいいのではないでしょうか?

売主の自慢が意外に迷惑~

売主にとって売却する家は自慢そのものかもしれません。

構造やこだわりを持って作ったところなどを自慢に思っていますので、これが売り込めるポイントだとオススメするのではないでしょうか?

ところが買主にとっては、この自慢が迷惑なことになっている可能性があります。
売主と買主の好みが同じということはまずないので、もしかすると買主が後からリフォームして全く違うようにするかもしれませんね。

押し付けがましく自慢されることで、買主は段々面倒くさい気分にもなってきます。
質問されたことに誠実に答えていくのはいいことなのですが、あれがいい、これがいいと言って回るようなことは遠慮しましょう。

買主に褒められた部分でも、「ここは気に入っていますけど、好みに合わせたリフォームしてもいいでしょうね」というような言い回しにすると好印象となります。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ