「家が売れない本当の理由」の記事一覧

家を売るのに一番の壁にぶち当たるのが売れないと言うこと。簡単に売れる方もいるでしょうがそんな人は極稀です。何故売れないかを知っておくことで早いうちに対策することも可能です。

家を売るときの賢い値下げの方法

家を売却するときには、ほとんどのケースで値引き交渉があると思っていたほうがいいでしょう。値引きし過ぎてしまったと思っても、後で値上げをするのは難しいので、段階を踏んで検討していかなくてはいけません。

あなたの家は「つぶし物件」にされていませんか?

せっかく家の売却で広告を出しているのに、内覧もなければ何の問い合わせもないときに、確認しなくてはいけないことがあります。あなたの家が「つぶし物件」にされているのではないかということです。

家の内覧を断るとチャンスはもう来ない

家を売るときには内覧というのがかならずあると思って下さい。買主も通信販売ではないので現物を見て判断すると考えます。しかし、売主側に、この内覧を軽んじてしまう傾向があるのです。

あなたの家はその地域での需要がない

家が売れない理由として、あなたの家がその地域で需要がないということも考えられます。内覧を希望していない人が多いのであれば、物件として需要もなく興味が持たれていないということですね。

家の内覧で失敗しているのはこんなところ

せっかく内覧に来てもらっても、なぜか家を売るのに失敗している売主が多いですね。家の内探で失敗するポイントをご紹介しますので、注意点として改善してみてはいかがでしょうか?

家を値下げをしても実は適正価格でしかない?

売却価格を下げてもスムーズに家を売ることが出来ないのか理由を考えてみましょう。また、その地域での適正価格がどうなっているのかを調べる方法も併せて検討するといいですね。

売却する物件情報も鮮度が大事

物件の情報には鮮度というものがあります。広告を出してから期間が経過すると、見ている側としても「売れない物件」として認識されるようになってしまい、良い印象が残せないのです。物件の鮮度に注意をしながら、売れるようにする方法について解説しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ