家のリフォームで価値を高める

家を売るのにリフォームが必要なのでしょうか? どうせ手放すものなのだからといって費用を掛けずに何とかしようと思う方も多いでしょう。

家の売却で売れない理由になっているのも、このリフォームやクリーニングがされていないということが挙げられます。

失敗しないで家を売却するために、リフォームでどのようにするのが理想的なのかを考えてみましょう。

家を売るためのリフォーム

家を売るのにリフォームをした方がいいのかというと、もちろんキレイにしておくに越したことはないでしょう。

手放す物件に対してなぜ必要なのかと思うでしょうが、内覧をした買主の感想として、「もう少しキレイなら買ったのに」という意見が多いからなのです。

中古の住宅を購入すると言っても、買主はこれから住む自分の城として大いに期待をしながら見に来ますので、あまりにも汚れていたり傷みの激しいところでは落胆してしまします。

間取りなどは気に入ったとしても、現状から気に入るようにするためには買主でリフォームを大々的にするコストも考えてしまうでしょう。

買主が譲歩しても、値引きの交渉があったりしますので、あまり高い価格で売却できなくなると思って構わないですね。

リフォーム箇所を検討する

家の売却でリフォームするとしたら、どのようなところを重点的にしておくべきでしょうか?

リフォームをしている箇所の割合としては、内装で80%、水回り60%、外装30%、建具や間取りは20%が目安になっています。

壁や床などは住居年数が多くなると傷みが目立ちやすくなっていきますし、内覧の時に目につくデメリットになります。

そして水回りが汚くなっているのは、印象としても致命的にダメなものなので、重点的なリフォームをするようですね。

外装でも壁にヒビが入っているような物件では購入しようという気持ちを弱くしてしまいますね。

中古住宅をいう商品を見てもらうことになるので、その価値は高くしておいたほうがいいということなのです。

リフォーム業者を選定する

リフォームをするとしても、きちんとした業者に依頼しなくては満足できる仕上がりにはなりません。

一般的には取引のある不動産業者に紹介してもらって信頼出来るところを選びます。 売主の希望するようにリフォームを計画してくれますし、家の売却で修繕がどの程度必要なものかを把握しています。

ちなみにリフォームの費用の上限目安としては、300万円が平均的になっていますので、それ以上を投じてリフォームの見積が出た時には別の業者を探したほうがいいと思いましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ