家を売る効果的な広告を出そうと思ったら

家の売却をするときには、広告を出して買主の目に触れるようにしなくてはいけません。

広告というと紙のチラシだけという感じがしますが、今ではそれだけに頼ることはありませんね。

どのような広告だと印象に残り興味を持ってもらえるのかも検討していきましょう。

不動産会社には、その会社の広告書式のようなものがありますが、本当に効果があるのかを考えると、不動産会社選定の時にも役立ちます。

紙媒体だけではない

不動産の広告というと折り込みのチラシという印象しかないかもしれませんが、今はインターネットでの検索をする人も多くなっています。

確かにチラシを配るのは積極的な広告活動になりますが、設置しておいて見ることの出来る情報としてはインターネットやホームページの情報も受動的な広告が出来ます。

チラシは、その時に興味が無いと思ったら捨てられてしまいますが、ホームページの情報はいつでも見られるようになっているので、幅広く見てもらえるものです。

不動産会社にはホームページを持っているところが多く、情報の更新頻度が高いと見られるチャンスも多くなりますので、利用しない手はありませんね。

一般の検索エンジンで探しても掲載されるようなものが好ましいですよ。

違法なことは避けるようにしましょう

よく電柱にビラが貼ってあったり、看板が括りつけてあるのを見ることがあります。

こんな物件があるのかと、人目に触れる機会が多くなりますので、広告としては有効だと思ってしまうでしょう。

確かに宣伝効果が高いのですが、これは違法とされている手段ですので、家の売却で売れない状態が続いても活用してはいけませんね。

不動産会社で勝手にこのようなことをしていたのがわかった場合は、即刻中止するように申し伝えるようにしましょう。

自分でも口コミを出してみると

広告に関しては不動産会社に全て任せておけばいいというものではありません。 もちろん、費用を投じているのですから、自分でしなくてもいいと考えるのはわかりますが、売主からの口コミというのも効果があります。

ご近所との付き合いの中で、家の売却を検討していることなどを話していると、実は最寄りで物件を探している人がいて、興味を持ってくれたということもあるのです。

得体のしれない不動産業者の情報よりも、親しくしている近所の方の話のほうが信用できると考えますので、普段の近所付き合いも大事なのです。

ただし、注意点としては媒介契約のタイプによっては、不動産会社を仲介しなくては違約となりますので、個人間での売買ができないようになっています。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ