家の売却を円滑にする担当者を見分ける

家の売却で業者を選ぶのも大事なところですが、その担当者もセールスのスキルが高いほうが良いでしょう。

熱意のない担当者では、家の売却も失敗する可能性が高いと感じます。
広告の仕方や買主の探し方なども実績を持っている担当者ですと安心して任せられるでしょう。

長年勤めていて、地域のことを把握しているなど担当者の見分け方を考えてみましょう。

不動産会社が良くても担当者がダメだと難しい

家の売却で業者を選び、そこには実績があるとしても、担当者のレベルが低いのでは、家の売却が円滑には行かないものです。

担当者にも得手不得手があり、一戸建てが得意な場合と、マンションが得意な場合というようにも分かれています。

この場合は一戸建ての売却に長けている担当者が望ましいので、不動産会社にもワガママを言って良い担当者をつけてもらうようにしましょう。

途中で、「この人では駄目だ」と判断した時には、遠慮なく交代してもらう決断も必要になります。

不動産会社としては、買主だけではなく売主もお客様に代わりはないのですから、言うべきことは言わなければいけないという認識で構わないですね。

見た目でわかる担当者の資質

人を見た目で判断してはいけないと言いますが、これは不動産会社の担当者を見極めるときには必要なことです。

店頭に出向いた時だけではなく、査定に来てもらうこともありますが、この時の服装もチェックしてみましょう。

お客様である売主の家に来るときに、よれよれのスーツを着ていたり、家に上がった時には靴下に穴が空いているということがあると、どう思いますか?

こんなだらしなくしている人に任せていいのかと不安になると思います。
マナーとしての服装に問題があると、仕事の管理も出来ない人と判断していいのではないでしょうか?

抜け目の無い家の売却をしてもらおうと思っても、このような人では難しいでしょう。

対応で判断できる担当者選び

まず、こういった人を選んではいけないという人物像があります。
それは「即答する担当者はNG」ということです。

例えば家の売却価格を目安として尋ねた時に、即答する担当者は選ばないようにしましょう。
家の売却では売主の事情もありますし、そういった理由で手放すのかということも確認してから検討するべきことです。

それに対して何のやりとりもない状態で、売却価格を即答するのは、一見出来る人のようで、実は仕事ができない担当者だと言えます。

また、売主にも色々な考えがあるにも関わらず、全て否定から入る担当者では信頼関係を築く事ができません。

一旦、受け取ってから、不動産の観点としてはこのようになると説明できないのでは難しいでしょう。
上記に該当するたん担当者を選ばないように、慎重な人選をしていって下さい。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ