家の売却を成功させるための注意点

家の売却に成功するには、どういったところに注意をしたら良いのでしょうか?

逆に言うのであれば、どういったことで家の売却に失敗している人が多いのかを考えると、その問題を避けて家を得る方法が考えられます。

こういった逆説的なアプローチも有効ですので、焦点を当てて検討していきましょう。

不動産会社をきちんと選んでいるか

家を売るときには必ず不動産会社に依頼をしますが、きちんとパートナーになるところを選ぶことが必要です。

担当者に熱意がなくてはいけないというだけではなく、その不動産会社は国交省の承認を受けているのか、また直近の5年以内にどの程度の実績を上げているのかなど確認することも大切です。

実績のないところでは、ノウハウを持っていないこともありますので、専属専任媒介契約として1社に任せるだけの実力はないと判断できます。

また、売主の意向として、買主を騙してでも家を売却するようなことがあれば、売主の問題として跳ね返ってくることもあります。
時間を掛けて比較しながら選定していかなくては、家を高く売ることも出来ないでしょう。

売主の心構えで違う

売主の心構えも大事なところです。
売主は売ってやる、買主は買ってやると思っていては、いつまでも平行線で歩み寄りが出来ませんね。

結果的に買ってもらわなくては困りますので、むやみにへりくだることはありませんが、ご自身がセールスマンになった気分で家の売却を考えることが大事です。

家の内覧をさせないというのも、プライバシーの問題から考えるとわからないことではありません。

しかし、ご自身が購入する立場の時、見て確認できないものと購入するかと聞かれると購入しないのではありませんか?
視点を変えて家の売却を考えると、どのようにしていくといいのかがわかります。

売却価格の参考になる査定額は適正?

売主が売却価格を検討するときには、不動産会社の査定額を参考にします。
さて、この査定額ですが、恐らく複数社に見積もってもらうと、かなりの違いが出るのでお分かりになるかと思います。

不動産会社によって、こんなに違うのかと思いますよね。
しかし、その中から最も希望額に適しているところを選んでいると思います。

売主としては満足できる売却価格の目安なのですが、買主が地域の平均額を見た時に「高い」と思う可能性が潜んでいるということです。

買主の心理としては、地域で最もやすい物件の中から、気に入った住宅の購入をしようと思っていますので、売主の希望と買主の希望は一致させるのが難しくなります。

このようにして、家の売却に失敗することがありますので、注意しながら売却方法を検討してみましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ