不動産会社で提示する家の査定額を信じてはいけない?

不動産会社で提示する査定額というのは信じていいものなのでしょうか?

各社に見積もりの依頼をして売却価格の希望に最も近い不動産会社を選ぶ売主が多いのですが、これによって必ず家が売れると保証されるものではありませんね。

適正なものでなくては、家を売る相場としては目安にならないこともありますので、総合的な判断ができるようにしましょう。

不動産会社の査定額は高めになっている?

不動産会社を選ぶときには、地域の物件価格を把握しているところを選んでいるつもりなのでしょうが、果たしてそうですか?

家を高く売りたいと考えるのは誰しも同じですので、査定額の提示をされた時、高いものを選んでしまっています。

そのような心理も利用されていて、不動産会社の査定額は一般的に少し高めの設定になっていることが多いですね。

10%くらいは高くなっていると思って良いでしょう。
査定額を信じて売却価格の設定をしては、その地域の買主にしてみれば、高い物件として敬遠することになっていくのです。

家の売却に失敗するのには、こういった理由が隠されているのです。

売主がしぶしぶ価格を下げたとしても、まだ売れないのは、それが単に地域の適正価格になっただけのことであって、お買い得な価格として認知されないところに理由があります。

家を売る値段をきちんと決めていけるためにも、査定額が適正なものなのかを見極めていきたいものです。

査定額を低く見過ぎない

売主の多くは、一般に出ている売却物件の価格と比較しながら、査定額を見定めているのではないでしょうか?

家を高く売りたいのは分かりますし、気に入って建てたのですから愛着を考えても、その思いが強くなります。

売主がどんなに気に入っていて建築時に費用をかけていても、買主とは決定的に好みが違うものなのです。

市場に出ている物件と比べて、「我が家のほうが断然いい、だから高く売れるはず」というのは売主の考えでしかないのです。

しかも、市場に出ている物件で売れていないものについては、その地域での需要がなくいつまでも広告掲載がされているだけなので、比較対象としては適切ではありません。

いわゆる「売れ残り」と比べて、売却価格の設定をしてはいけませんね。
市場には買いたいと考えている買主は潜在的にいます。

「いい物件だけれど、あと少し安ければ」と思っていることもありますので、売却価格の設定は実に重要なことです。

信頼出来る査定額を算出出来る不動産会社を探していれば、安心して家の売却の査定が受けられますよ。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ