家を売る際に不動産業者を選ぶ方法

家の売却をするときに不動産会社の選び方を考えていきましょう。
不動産会社は家の売却のパートナーですし、その実力によっては、家の売却価格も変わってくるのです。

失敗しないためにも、きちんと不動産会社を選ぶ方法を学んでみてはいかがでしょうか?
選ぶ基準がいくつかありますのでご紹介していきます。

不動産会社の信頼度を見極める

まず、登録関係からの確認をしていきます。
不動産会社は許認可を受けて登録がされていなくてはいけないので、この点から信頼度がわかると考えていいでしょう。

まずは不動産会社には免許が必要なので持っているのかを見て下さい。
なければ営業の認可を受けている業者ではありません。
免許は国土交通省の認可と都道府県の免許があります。

国土交通省の不動産業担当課、もしくは都道府県の不動産指導課に業者名簿がありますのでこれに登録されていなくてはいけません。

その他には営業年数が長くなっているのか、過去5年間においてきちんとした実績を持っているのかも大事なポイントですね。

称号と所在地についても確認しますが、あまりにも移転回数が多いところは危険だと思って良いでしょう。

行政処分を受けていないところの方がいいですし、役員や宅建主任者が変更になる回数が多いのも好ましくはありませんね。
最低限、これらのことを確認しなくてはいけないと思ったほうが良いです。

大手だから安心は神話?

よく大手の不動産会社だから安心だとして調べもしないで依頼してしまうこともあります。
これは危険性が高いのでオススメできる方法ではないのです。

すべての大手が同じだということではないのですが、中にはレインズで登録した物件に他社から問い合わせがあっても、売却済みと回答することでチャンスをなくしてしまっているケースがあります。

なぜ、このようなことをするのかというと不動産会社の中には、両手商売を望んでいるところがあるからです。

これは、自社で売主と買主の両方共を抱え、双方からの手数料を得ようとする考え方です。

また、ネットワークを活かして家の売却チャンスを多く持っていますと言っていても、不動産会社には、それほど買い手を抱えているわけではないので、信頼出来ない場合もありますよ。

大手を選ぶ方の多くはCMでタレントが採用されていることで印象がいいと判断することもありますが、これもある意味では作戦に乗せられてしまっています。

本来、売主が家を売却するときに必要なのは不動産会社の信頼性と実績だということなのです。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ