家の売買契約当日に用意するもの一覧

売買契約をする当日には、必ず用意しなくてはいけないものがあります。
万が一、忘れてしまった時には取りに行けばいいというものだけではないので、別の日にしなくてはいけないなど、二度手間にもなりますので、確認しておきましょう。
予め取得しなくてはいけない公的な書類もありますので、漏れのないようにチェックして下さい。

売主側で用意するものとして

売主側として家の売買契約で必要になるものは以下のとおりとなっています。

  • 実印
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
  • 売買契約書の印紙代
  • 土地・建物の登記済証(提示する)
  • 固定資産税納税通知書
  • 建築確認通知書、検査済証
  • 前面道路の陶器謄本実測図、建築図面、建築協定書
  • 付帯設備表
  • 物件状況報告書
  • 権利書
  • 身分証明書

以上のものを用意することになります。

このようにしてみてみると、先に用意していなくてはいけない書類も意外に多くなっていますので、当日、急に取ってくると言うのも難しいことになります。

思っているよりも用意するのもがたくさんなりますので、メモに書き出して?印を入れて確認すると漏れがなくていいですよ。

売買契約の流れを把握しましょう

契約の流れは把握していないと、何がどのように使われるのかわかりにくいですね。
一連の流れをご紹介しましょう。

まずは、重要事項説明があります。
これは不動産会社の営業マンが宅建主任者であれば、その担当者からになります。

理解できない部分がないよう納得するまで確認して下さい。
不動産売買契約を行いますが、売主、買主ともにしっかりと契約書の再確認をして問題がないようにします。

次に手付金の受領をしますね。
振込の場合には予め手配してもらって、当日の入金確認が必要になるのです。

そして不動産売買契約に印紙を貼り付けていきますね。

最後に不動産会社に対しての仲介手数料の支払いを行いますが、一般的には契約締結時に半分、残金の決済をするときに残りの半分を支払うことになっているので、営業マンには確認しましょう。

買主側として用意するもの

売主には特に関係ないのですが、買主として用意しているべきものも知っていたほうがいいでしょう。

  • 印鑑
  • 売買契約書用の印紙代
  • 手付金
  • 仲介手数料の半分
  • 源泉徴収票もしくは確定申告の写し
  • 住民税決定通知もしくは納税証明書
  • 身分証明書

以上となっています。

手付金に関しては、金額も大きくなりますので、事前に振り込みをしてもらうことが出来るようになっていますので、契約当日に確認が出来るようにしてもらいましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ