引き渡し当日に売主が用意するべきもの一覧

売買契約も完了して残金の決済と引き渡しを行うことになりますが、この際にも必要な物がありますので用意しておきましょう。

また、引渡し前にも内覧があり、確認することがあります。
引き渡し当日に向けて売主がしておくべきこともありますので、忘れないようにしていきましょう。

引き渡しで必要なものとしては

まず、引き渡し当日に売主が用意するべきものとしては、以下の通りとなっています。

  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑証明証(3ヶ月以内)
  • 固定資産納税通知書
  • 仲介手数料の残金
  • 登記費用(抵当権抹消登記、住所変更登記など)
  • 物件の鍵(予備があれば全て)
  • 設備などのパンフレット

以上となりますが、流れについても知っておいたほうがいいですね。

当日に物件確認を当事者と不動産会社、司法書士など立ち会いのもとに行います。
司法書士によって、登記に必要な書類の確認をして抵当権についても移転できる状態になっているかを見て行きましょう。

残代金の受取としては預金小切手や住宅ローンを使用するときに振り込みにて手配してもらいます。

振り込みの場合には、当日に入金確認が出来なくてはいけません。
固定資産などの負担金について精算を行って、残金の引き渡しと同時に鍵も引き渡しを行います。

引き渡し確認書の取り交わしをしたら売買契約は全て完了したということになります。
不動産会社に対して仲介手数料の残額支払いと司法書士にも報酬の支払をして全て終わったことになるのです。

引き渡しの内覧では

引き渡しの内覧というものがあります。

これは事前に行うか、決済当日にするのかは買主との話し合いになりますね。
瑕疵責任の問題が出ないように、必要な修繕が行われているのかなどを買主が見ることになります。

引渡するもののリストに入っていない残物がないことも確認されますね。

稀に物件は売ってしまうのだからいいと思って売主がゴミのように引き渡し物のリストにないものを置いていくことがありますので、この作業を求められるのです。

ここで問題が発生しないためにも予め整理整頓をしておかなくてはいけないでしょう。

引き渡しまでに売主がしておくべきことは

では、引き渡しまでに売主がしておかなくてはいけないことに何があるのでしょうか?

まず引き渡し物のリストに入れなかったものは、大型ゴミ、一般ゴミとして処分を完了しておくようにしましょう。

買主との話し合いで修繕の約束をしている箇所についても全て治っていなくてはいけません。

引き渡しまでの間にリフォームを求められることは、ほとんどありませんが、必要に応じてすることがあります。

こちらで完了させるべきところが終わっていないのは契約に沿った行動ではないので適正に処理していきましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ