家の売買契約が済んで売主がする手配の流れ

売買契約が済んでしまえば、後は何もしなくていいということではありません。

決済を完了するまでにも、引き渡しをするまでにも売主がしなくてはいけないことがたくさんあります。

流れをおおまかに把握して、漏れのないように完了していきましょう。
不動産会社の営業マンからも、ある程度の話があるでしょうが、個別に理解していないとどうしていいのかわからない場合もあります。

引き渡しに向けた準備

引き渡しまでの間に売主がしなくてはいけないことが意外にたくさんあります。

所有権移転登記をすることになりますので、司法書士、不動産会社の営業マンと相談しながら書類を手配していきましょう。

売主が利用しているローンがあると思いますので、この抵当権を抹消します。

金融機関との相談が必要になりますので、確認しましょう。
土地の情報が間違っていないように土地家屋調査士に依頼をして、土地の実測や境界線の確認作業をしてもらいましょう。

契約と異なるようなことがあってはいけませんので、これも大事な作業となります。
隣人との間にトラブルを抱えている時には、立ち会ってもらっても揉め事になることがありますのでできるだけ早く着手します。

用意しなくてはいけないもの

売主が引き渡しに向けて用意する書類などがありますので、一覧としてご紹介します。

  • 所有権移転登記関係の書類一式(権利書、印鑑証明書、住民票、固定資産減額証明書、司法書士への委任状)
  • 抵当権の抹消手続き書類一式(司法書士に依頼をして確認します。ケースにより異なりますね)
  • 実印
  • 登記に関わる費用
  • 実測図と境界確認書
  • 不動産会社への仲介手数料の残額
  • 家の鍵や引き渡し品とそのリスト
  • 残金の領収書、清算金への領収書

以上のものが必要になりますので、予め準備をしておきましょう。

引き渡しの注意点について

引き渡しをするときにも気をつけたほうがいいことがあります。

基本的に決済と引き渡しは同時に行うものとなっていますので、売主は抵当権抹消・所有権登記の引き渡しをしますし、買主としては残金を支払って、所有権移転・抵当権設定の2つの登記を行います。

それとは別で金融機関の融資が実行に入るという流れを一気に進めますね。
この時に関わるのは、売主と買主だけではなく、不動産会社、司法書士と金融機関になります。

引き渡しが終わって忘れがちになるのは、仲介手数料の領収書を受取忘れることがありますので、きちんと保管できるようにもらっておきましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ