家の内覧を成功させる秘訣

家の売却で必ずある内覧ですが、これを成功させるかどうかで、売却がうまくいくかどうかが決まってきます。

内覧をしたいという買主が、コンスタントに現れるわけではありませんので、少ないチャンスを逃さないようにしましょう。

売主は家を高く売却しようと思って、メリットを宣伝しようとするかもしれませんが、それはいい印象になる時と買主には迷惑になることがありますので、差し控えたほうがいいこともありますよ。

内覧で印象を上げるためには

内覧で買主に対しての印象を上げるためには、どのような工夫をしておくといいのでしょうか?

汚れや故障などの問題があるときには、買主には悪い印象が残ってしまいます。
もっとキレイだったら買ったのにという言葉がよく聞かれますね。

最低限のリフォームはしていたほうがいいと言われますし、買主にて全面的なリフォームを予定しているのなら、印象が悪くないようにキレイにするという方法もあります。

営業マンが間に入りますので、うまく情報収集をしておきましょう。
リフォームの度合いが過ぎると、それにかかった費用が売却価格に上乗せされるのではと疑われることもありますよ。

売主の営業トークには賛否両論

売る側としては自信を持って進められるところがたくさんあると思いますが、これは売主にとっての気に入ったところであり、買主とは好みも違っているのではないでしょうか?

そのため自慢をするように、この家は何にこだわっていてとか、ここがいいところなんですよと、しつこく言ってしまうと買主は内覧しているうちに印象を悪くしていってしまうのです。

建築時の書類をコピーするなどして情報の提供をする分には構いませんが、あとは買主が見たいように確認できるようにしておきましょう。

売主と買主の好みも使用用途も全く違ったものだと認識しておいたほうがいいですね。

最低限していなくてはいけないこと

リフォームについては、その家の建築年数や経年で出てくる問題で解決出来ますので、ケースバイケースで検討するとしましょう。

しかし、余分な家具を処分するだけでも、広い間取りに見えるようになります。
また、まだ住んでいますので片付けるのは大変かもしれませんが、整理整頓の出来た状態にしておきましょう。

雑然としていては、いくら良い条件の物件だとしても、住環境には適さないという判断がされてしまいます。

狭く汚い家という印象を買主に残しますので、興味を持ってくれたのに売れないという結果になりますね。

交渉をするにしても、売主が不利な状態になりますので注意をするところでしょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ