家を売るとき価格交渉はどちらが切り出す?

家を売るときの価格交渉は駆け引きが難しいですし、ほとんどの売主は、こういった場面に慣れていませんので苦戦することもあります。

買主の心得として交渉術を掲載しているものはネットにもたくさんありますが、売主の側としては十分な情報がないのではありませんか?

肝心の不動産会社の営業マンも、こちらが売り急いだ時にはあまり協力的ではないこともありますので、売主も交渉術が必要なのです。

買主に価格交渉を切り出させる

値切り交渉のはじめは、購入申込書の提出を受けてからになります。
つまり買い手側から、希望価格の提示をしてくるものなのです。

内覧の時でも、買主が「○○万円なら買うのに」ということを言ったとしても、その場で答える必要はありません。

その辞典での購入意思は確認できていませんし、売主側から値引きをした額を提示しなくても良いのです。

購入申込書を出してもらっても、ここで売主が金額をいうことはありません。
買主としてはどこまで出せるのかを聞いてもらったほうが、こちらとして価格交渉の意思は示せますし、買主との譲歩もしやすくなるのです。

安易な回答はしないのがコツ

内覧の時でも購入申込書を提出してもらってからでも、売主が安易な価格の提示をするのはよくありませんね。

簡単に回答してしまっては、買主も、まだ交渉して値引きができると思ってしまうのです。

あまり長く検討期間を設けるのもタイミングを損ねてしまいますので、不動産会社の営業マンと相談しながら、了承できる価格を探すことになります。

聞かれたら即答するのが、好印象につながって良いと判断する人も多いのですが、大きな額の問題でもありますので、慎重な検討をして下さい。

値下げ幅を絶妙にコントロール

買主としては20%までは値引きがされると期待しているでしょう。
多くの情報から見ても、買主側の考えはそのようになっていると思います。
売主側としてはどうでしょう?

まずは端数を切るところから始めますので2,580万円だとしたら、80万円を値下げするのは良しとします。

その後の値下げ幅をどうしていいのかと悩みますが、10万円、もしくは20万円の幅で値下げのコントロールをしていきます。

2,500万円に下げたのなら2,480万円にすると言うような感じですね。
2,500万円台が、2,400万円台になったというだけで、好印象になってくるのがおわかりですね。

例えば、スーパーでも200円のトマトより、198円のトマトの方にお得感を感じるようなものです。
このようにして営業マンとも相談しながら妥協点を見つけていきます。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ