売り手と買い手の価格交渉で損をしないために

家の売却をする時、売主は1円でも高くと思いますし、買主は1円でも安く買いたいと思っているものです。

ここで希望の相違が出ますので、価格交渉をするときに、あまりうまく運ばないことも出てきますね。

売却交渉をする上で、この差を埋められるようにするために、どういった方法で対処していくと良いのでしょうか?

値下げ交渉で金額の提示をしない

買主からの値下げ交渉は、購入申込書などの書類で金額の提示がされます。

2,580万円で売却価格としている時には、端数の80万円を切って2,500万円で交渉してくることもありますね。

買主側としては10%までは値切れるという情報を持っていますが、最初から大幅にダウンしてくることはないでしょう。 そして、必ずしも売主が2,500万円で了承するとも思っていないことが多いです。

交渉で少しくらいは高くなっても、「買いたい」と思っているからこそ交渉してくるのです。 ここで売主から、「○○万円なら値引きします」と金額を提示しないのがコツです。 逆に買主側に対しては、いくらまでなら出せるのかと聞いてみましょう。

これには多少の値引きには応じますという意向が含まれていますので、売主、買主共に妥協点を見つけやすくなるのです。

売主としても奇跡的に買主に出会っていますし、買主としても奇跡的に良い物件に巡りあったというチャンスですので、ムダにしないようお互いの心理を考えていくようにしましょう。

価格交渉で損をしないために

売出価格が成約価格とイコールではないというのがほとんどのケースですが、この差額分で損をしないようにするためにどうしていくと良いのでしょうか?

ある程度の値引き交渉があるのは覚悟しているので、値引きにあっても了承できる金額に落ち着くように最初は高めの売出価格に設定するという方法があります。

ちなみにこれは「チャレンジ価格」と言われます。 ただし、あまり長期間にわたって、割高のままで広告を出すのはよくありませんので、チャレンジ価格に出来る期間は短くするようにしましょう。

内覧や確認などの様子を見ながら、徐々に値下げはするものの、当初の設定が高くなっていますので、あまり大きく損をすることにはなりません。

このように家の売却価格に対して幅をもたせていると、値引き交渉があっても対応しやすくなります。

値引き幅として10~20%が予測されますので、その分の上乗せとしてチャレンジ価格の設定をするようにしましょう。

地域での相場にそぐわないものですと、売れにくい状態が続きますので、兼ね合いも検討しながら設定していくと価格の面で問題が出ませんね。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ