家の売却で物件を魅力的に見せる方法

内覧の他に家の売却で物件を魅力的に見せる方法と言うのはどのようなことなのでしょうか?

買主は、実際にそこに住むことになりますので、どういった環境になるのかということが知りたいというのがあります。

通勤や買物、学校などの利便性についても検討しています。 総合的に判断した時に、「これはいい物件だ」と思われるような工夫が求められます。

買主が気に入っていれば、価格交渉で売主が不利になるようなことはありませんね。

売主ならではの情報を提供

今まで居住実績のあった売主だからこそ、買主に教えられる情報というものがあります。

通勤や買物、学校や病院という施設に関しての利用しやすさ、または騒音がないのか、日当たりや風通しがいいのかという情報は、不動産会社の営業マンでは説得力がないかもしれませんね。

営業マンに買主の好みを聞いておくことによって、どういった案内ができるのかをシミュレーションできますので、事前にリサーチして置きましょう。

しつこく食い下がるのはオススメ出来ませんが、必要最低限の生活情報をアナウンスするのも効果的だと思いますよ。

実は内側が大事ということも

内覧でのコツをご紹介しましたが、内壁や故障箇所がないか、間取りの情報があっているのかというだけではありません。

シンク下の戸棚やキッチン、バス、部屋の押入れや収納の中までチェックしたいものなのです。 そのため簡単な掃除だけではなく、ハウスクリーニングが必要な場合もあります。

目に見えるところだけキレイになっていても、隠れた部分が見えないことによって不安にもなるでしょう。 購入してからカビや汚れが発覚したというのも問題になりますので、内側をキレイにするようにしましょう。

営業マンとの連携が大事です

買主の好みを事前に聞いておくだけではなく、営業マンとの連携をするのは大事なポイントです。 売主がメリットや特徴を述べるだけでは、ただ高く売りたいだけだろうと、あまり信用されないこともあります。

そのため営業マンが第三者として客観的な意見を言えるようにしていなくてはいけませんね。 売主と営業マンの意見に相違があると不信感をまねきますし、ちぐはぐな営業文句を伝えるのも好ましくはありません。

虚偽のメリットや特徴を伝えるのではありませんので、正確な情報として営業マンとの打ち合わせをすることをオススメします。 営業マンとの信頼関係がきちんとしていると、家の売却がスムーズになっていきますので、ぜひ協力していきましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ