「家の売却をするための交渉術」の記事一覧

家を売るには売り手と買い手がいて成立するものです。売り手は少しでも高く売りたいし買い手は少しでも安く買いたい。そこで必要になってくるのが交渉術です。どのように交渉すれば少しでも高く売れるかを解説しているカテゴリーです。

家のメリットだらけは押し売りに感じる

中古住宅の売却では売主も事情があって手放すことにはなりますが、何とか家を売ろうとして、あれこれとメリットを伝えて気に入ってほしいという気持ちが先走ることもありますね。

家の売却のチャンスを逃さない売り手の心構え

家の売却は売り手の心構えとしてどのようにしていると良いのでしょうか?交渉を有利にしていくためにも心に留めておきましょう。

家を売るとき価格交渉はどちらが切り出す?

家を売るときの価格交渉は駆け引きが難しいですし、ほとんどの売主は、こういった場面に慣れていませんので苦戦することがあります。

疎かにできない家の売買契約前の「購入申込書」

購入申込書は、家の売買契約前にある程度の確認として取り交わしの出来る書面となっています。仮約束とでもいえますので、必ず購入申込書を提出してもらわなくてはいけません。

家の売却で物件を魅力的に見せる方法

売る家を総合的に判断した時に、「これはいい物件だ」と思われるような工夫が必要になります。内覧の他に家の売却で物件を魅力的に見せる方法について紹介していきます。

家の内覧を成功させる秘訣

家の売却で必ずある内覧ですが、これを成功させるかどうかで、売却がうまくいくかどうかが決まってきます。内覧をしたいという買主が、コンスタントに現れるわけではありませんので、少ないチャンスを逃さないようにしましょう。

売り手と買い手の価格交渉で損をしないために

家の売却をする時、売主は1円でも高くと思いますし、買主は1円でも安く買いたいと思っているものです。売り手と買い手の価格交渉で損をしないためにどのようにすれば良いのでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ