抵当権のある家を購入するときの注意点

買い替えとして住宅の購入を検討している売主もいますので、その場合にトラブルにならないように買い換え先の住宅に関しても知っておくようにしましょう。

抵当権のある家を購入するときには、注意点がありますのでご紹介します。 知らないと何かしらの問題が発生することが予測されますので、これは把握するようにして下さい。

抵当権の抹消について確認

抵当権の設定されている物件については、購入するまでに元の持ち主が残債務を整理して、抵当権を抹消して引渡しなくてはいけないものとなっています。

万が一、そのままの抵当権として受渡されても、新しく住宅を所有する方にとっては不安な状態になります。

元の持ち主が、新しい持ち主に相談なく売買できるとは思えませんが、そのような事態になるとせっかく購入した住宅は何の落ち度もないのに取り上げられることになるのです。

住宅の購入で抵当権の設定がまだされているときには、必ず残債務の整理に関して話し合いを持たなくてはいけません。

話し合いによっては債務の引受けをして新しい所有者が残債務の支払いをすることもありますが、この場合には不利にならないだけの条件提示をしていいことになっています。

元の持ち主に残債務の整理能力がない場合には、このようなこともありますが、一般的な考え方としては、末梢ローンなどの使用をしてもらい抵当権を抹消してから受渡という形を取るのが理想的です。

どのような登記になっているのか確認

登記について確認しなくてはいけないのはなぜでしょう?

実は、新しい所有者に対して持ち主が隠れた抵当権の設定をしている可能性があるからなのです。

提示されている情報が全てと判断しては、後になって知らない抵当権が行使されるケースもあります。

二重、三重に抵当権をすることは通常考えられないのですが、あとでトラブルになるのは困りますので、登記簿にて抵当権がどのような状態になっているのかを調べましょう。

不動産会社に任せておけば大丈夫だと思いがちですが、思わぬ落とし穴も待っていることがあります。

後になって確認しておけばよかったと思っても、売買契約や決済も完了し住み始めてから気がつくということもありますので、時既に遅しということなのです。

ご自身が売主の立場になっていると、まさかそんな人はいないだろうと考えるでしょうがいい人ばかりではないので最新の注意を払って手配を進めていきましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ