家を売るタイミングはいつが良いのか?

家を売るときには、どういったタイミングでするといいのでしょうか? 買い手が多くて出来るだけ高い価格で売れるようにしたいものですが、現状の不況下では中々難しいものです。

家を買う理由を考えると、家を売るタイミングがわかってくるのではないかと思います。 家の売却理由によっても、左右されるところが出てきますので、細かく検証していったほうが良いのです。

家を売る理由とタイミングは見られている

家を売る理由には、一般的に「子供が成長したことで手狭になった」「転勤が決まった」「通勤や通学をするのに不便を感じる」「家族数が少なくなって広すぎる」という理由があるのではないでしょうか?

買い手は、実はこの理由を最も知りたがっており、急いで家の売却をしようとすると、なにか問題があるのだろうかと不安視するようになります。

転居などが決まるタイミングを外して家を売却しようとすると、環境として問題があるのかとか近隣トラブルのある家なのかと疑われてしまいます。

家の売却交渉もしにくくなりますので、家を売却するタイミングはかなり重要になると思っていいでしょう。

年数で見る家の売却のタイミング

家を売却した時には、その売却で得られる利益が課税されるようになっています。 ただし、所有期間や居住期間が10年を超えた場合には、買換特例が適用されます。

これは課税が免除になるのではなく、繰り延べが出来ると言うだけではありますが、一気に負担が来るものではないので、家の売却をするのなら10年経過していたほうがいい場合もあります。

一般的な考え方では、新しいほうが家は高く売却できて、メリットが大きいようにも思えますが、後で課税されるところを考えないと大変でしょう。

また、譲渡所得税が課せられますが、これは長期譲渡と短期譲渡に別れており、毎年1月1日の段階で5年を経過したのか、5年以下なのかで税率の変化が出ます。

したがって、適正なタイミングとしては、まず所有期間と居住期間がその年の1月1日を経過して5年を超える時と、10年を経過した時と考えることが出来ます。

家の売却を買い替えと同時進行する時

家の売却をするときに買い替えとして検討しているのなら、購入する予定の物件が見つかった時に同時進行で話を進めたいと思う方が多いのではないでしょうか?

場合によっては、元の家を売却したお金で次の家を購入する資金に当てようと考えることもあるでしょう。

家についてはローンを組んで購入していますので車の買い替えのように単純な考え方は出来ませんが、低金利で物価の安定している時には買い替えをしやすい経済状態にもなります。

タイミングよく資金があり計画が成り立つのであれば、これも家を売却するタイミングと考えてよいでしょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ