中古住宅売却の流れ【売買契約に際して】

家の売却で売主も買主も合意が成立すると、今度は売買契約を交わすことになります。

この段階で必要な書類や手配がありますので、順を追って手配出来るようにしていきましょう。

取り交わしの必要なお金もあり、この点はしっかりしなくてはいけませんので、手続き漏れのないように注意しましょう。

不動産会社にもアドバイスは求められますが、基礎知識として理解している方がいいでしょう。

売買契約の手続きについて

売買契約の取り交わしをするときには、売主と買主の当事者だけではなく、宅建取引業者が立ち会うことになっています。

重要事項説明を行ってから宅建取引業者が、2通用意している契約書の読み上げをしていきます。

売主、買主ともに理解するまで内容の確認を行ってから、売買の目的と売買代金をチェックしていきます。

売主が必ず確認することとして、買主が手付金の用意が出来ているかということがありますので、ここはしっかりと把握しましょう。

その後、相違がなければ契約書に署名捺印をして、売主は買主に付帯設備表を渡すと同時に手付金を受け取ることになります。

当日、双方で用意するものとしては、認め印、売買契約書の印紙代、手付金、仲介手数料となりますので、一度で済むように全て揃えておきましょう。

瑕疵担保責任とは何か?

ほとんどの売主は適正に物件情報を提供していると思いますが、万が一、何らかの問題を把握しながら隠していた時には、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)が問われることになりますので、ご紹介します。

売買契約が済んで、1年以内に買主が住宅のトラブルを発見して申請すると、売主の方で責任を持って改善に当たらなくてはいけません。

この責任からは逃れることが出来ないものとなっていますので、しっかり対応しなくてはいけませんね。
家の売却を高くしようと思って、隠してしまう方もいるようなのですが、こういった問題が後から出ないようにするのが家を売却するコツでもあります。

契約解除について

売買契約が成立してからも、契約が解除される可能性があります。
リスクとして把握していることも大事ですよ。

まず、買主に責任があるわけではないですが、融資が受けられない状況になることもあります。

これは契約解除が出来るものとなっていて、違約金が発生しません。
また、契約違反によって契約解除となることもあります。

売主、買主のいずれかに契約違反があると、売買契約が破棄されますが、この場合には違約金として請求することが出来ます。

違約金の金額は売買契約書に記載していたほうが安全でもありますので、契約をするときに取り決めしておきましょう。

その他の解約でも買主が理由となっているのなら手付金を解約手付として支払うことで契約解除できますし、逆に売主側の希望であれば、手付金の倍額を買主に償還することで契約解除が可能です。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

NTT DATA が運営する日本最大級の不動産売却専門サイト【HOME4U】
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ