家の買い替えをする場合の売却に必要なこと

家の買い替えをするときには、家の売却を計画するのも大事ですが、買い替えで探す家も検討しなくてはいけません。

スケジュールの調整をしながら、交渉や手続きを進めていくことも大事になります。 この場合に担当する不動産業者は、別々にしておくとスケジュールの相違も出てくるなど、注意点がありますので、買い替えでの売却で必要なことをご紹介しましょう。

買い替えは資金の余裕を検討する

家の買い替えを検討するときには、必要に応じて欲しい物件を探すことになりますが、家を売る時期がうまく合わないと、難しいこともあるでしょう。

物価の高い時に購入した家を売ると損をすることもあります。 買い替えの必要性があっても、自己資金に余裕が無い時にはオススメ出来ません。

不況下において給与が劇的に上昇することは期待できないでしょうし、ボーナスのみ増えたとしても、それはあくまでも余剰のものとして維持しておくほうがいいでしょう。

万が一のときに支払いに困らないように、ボーナスを全額、支払いに回すような計画はしないほうがいいのです。

ご自身で難しいと思う状況であれば、買い替えでも家を売る時期は検討し直すようにしましょう。

不動産業者の担当を誰に任せるか

家を購入した時には、不動産業者の担当者に依頼していたと思います。 もし、その担当者が信頼出来る人だと思うのなら、家を売却する査定から買い替えで物件を探すのも任せたほうがいいでしょう。

依頼者の以降を汲み取ってくれますので、スケジュールに問題がないように手配してくれます。 ただし、全てを不動産業者の担当に任せてしまうのはオススメ出来ません。

売主と買主の間で直接取り交わしをしなくてはいけないこともありますし、特にお金のやりとりが発生することに関しては、第三者に任せるべきではありません。

大まかな流れを任せられるような信頼関係が築ける不動産業者を探すのが良い方法です。 購入した時の不動産業者が信頼出来ない場合には改めて探すようにしましょう。

抵当権抹消ローンを検討する

現在の家でもローンを組んでいると思いますので、その残額が残っているのではないでしょうか?

次の物件を購入するときにも新たなローンを組みますので、その正式なローンの結果が出るまでに短期的なローンとして、つなぎローンが利用出来ます。

ただし、これは割高になってしまうので、家の売却をして、その売却金をローン返済に当ててしまうことをしたほうが得だと言われます。

末梢ローンを利用していない時には、実はローン審査が厳しくなることも予測されます。

最初に利用しているローンに対して完済していないのであれば、売主は買主から売却代金が入ってくるまで、何の担保も持たないことになりますので、こうった状態が発生するのです。

買い替えがしやすくなるように、抵当権抹消ローンの利用が出来るのかを不動産業者の担当者に確認しておきましょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ