中古住宅売却の流れ【準備期間】

家の売却をする時のおおまかな流れを知っておきましょう。

準備期間には何をしておくと良いのでしょうか?
仲介する不動産会社を選ぶとしても、どのような契約方法を取るのかで手数料も変わりますので、その内容も把握していたほうがいいでしょう。
メリット・デメリットを比較して検討するようにして下さい。

家の売却の相談をしましょう

家を売る手順の第一歩が、信頼出来る不動産会社の選定をして売却相談をすることです。

一般的には、家を購入した時の不動産会社に依頼することが多いのですが、インターネットで情報収集をして不動産会社を選ぶという場合もあります。おすすめはこちらです。

不動産会社に出向いて直接話す事にもなりますが、訪問したことで顧客カードへの記入をしつこく迫るようなところですと、感じが悪くなってもお断りするようにした方がいいでしょう。

もちろん、家や土地も売るものとしての財産ですが、個人情報も財産と同じですので、むやみに顧客情報を探るところはオススメできません。

また、不動産会社の担当者が熱心なのかで、家の売却に失敗しないかどうかが決まります。
親身になって家の売却を高くしてくれるような担当者がいるところを選びたいですね。

価格査定について検討する

家を売却する値段を決めるのには、まず基礎的物件調査を受けることになります。

法令や権利関係についての調査となっていますが、売却する不動産についての情報を売主から申告する事にもなりますので状況は把握しておきましょう。

この基礎的物件調査を基準にして、価格査定が出されます。
価格査定を依頼するのは1件の不動産会社にしなくてはいけないと決まっているわけではありません。

家を高く売るにはこの価格査定が高く無いと困りますので、複数社に査定を依頼してその中から選ぶという方法もあります。

最初に不動産会社を限定するというよりは、価格査定を見て不動産会社を選ぶことになりますね。

媒介契約を結びましょう

価格査定が終わって、不動産会社が決まったら、媒介契約を結ぶことになります。
この契約を締結しなくては不動産会社が売却活動を行ってはいけないことになっています。

3タイプの契約方式がありますので、比較していきましょう。
「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」となっています。

「専属専任媒介契約」では1社の不動産会社に任せきりになりますので、知人が購入を申し出てきても不動産会社を通さなくては家を売却することが出来ません。

不動産会社は1週間に1回は連絡をしなくてはいけませんので、綿密な情報が入っていきます。
「専任媒介契約」では、1社の不動産会社を選ぶ点では同じになりますが、報告頻度は2週間に1回で構わないですね。

ただし、専任されていますので、不動産会社の担当者としてもかなり熱のはいった広告活動をするようになっています。

「一般媒介契約」では、複数の不動産会社を利用できますので、間口が広い広告活動が出来そうです。

しかし、専任として担当しているのではなく、他の不動産会社で契約が決まる可能性もありますので、不動産会社はあまり積極的ではないこともありますよ。

費用に関しては、専任度の高いものほど高額にはなります。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ