家の売却時にリフォームをして引き渡す必要があるのか?

家を売却するときには、リフォームした方がいいという話をよく聞きますが、これは必要なことなのでしょうか?

なぜリフォームをした方がいいという考え方になるのかを知っていると家を売るコツがわかるようになります。

家を売るときには内覧もありますので、リフォームをすることでどのような効果が出るのかご紹介していきましょう。

家を売るときのリフォームは必要か?

家を売るときにはリフォームをすると高く売れるとか売りやすいと聞きます。

中古の家を売るのですから、住んでいた年数に応じて汚れや傷みが出ているので、これをキレイにしておくと内覧の時の印象が良くなります。

ひどく傷んでいる家だと高く売るのは難しいと考えてよいでしょう。 実際に家を買った人のアンケートによると、買ってからリフォームをしたという方が46%程度、リフォーム済み住宅を購入したのが14%程度になっています。

確かに、売主と買主の住む環境が異なりますので、完全リフォームをするのではなく、見た目を良くするのに最大でも300万円程度の内装や水回りリフォームをするケースが多いですね。

買い手の希望を考えてみると

内覧を希望する買い手は、実際に見て、それぞれの部屋の配置や実際の広さなどを確認しに来ます。

それ以外にも、建築年数と傷み具合の比較をすることで、この家を買って住むにはプラスアルファとしてどの程度のリフォームをしなくてはいけないのかもチェックするものです。

基本的な構造として大事なところを除けば、大々的なリフォームが出来るようになっていますので、住環境として最適に出来るかも検討するでしょう。

一般的には内装80%、水回り60%、外装30%、建具や間取りは20%程度のリフォームが実施されているようです。

このように考えると家を売るときのリフォームが必要ないように見えますが、ダメージが出ていると買主のリフォーム負担が大きくなるので敬遠されます。

リフォーム業者を選定する

家を売るときにリフォームをしようと思った時には、業者の選定をすることになります。 これは、住宅の購入をした時の不動産会社に紹介してもらうのが一番いいようですね。

家を売るコツとしてもリフォームが大事なのは、不動産業者でもわかっていますので、見積もりを取るのにもアドバイスが受けられます。

家の売却で査定を受ける前に、このリフォームが済んでいると、わずかばかりでも査定額が上がることが期待できます。

家を売るときの査定は、ご自分で売却額を考えるときの目安にもなりますので、適正な額がわかったほうがいいでしょう。

賢く家を売るには、複数の会社から一括で査定を受けるサービスを利用することです。 ご自身で不動産屋さんに問い合わせることもなく大手の会社から無料で見積もりを取ることが出来ます。面倒な手続きは全てお任せでOK!。

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」
最も有名な不動産査定サービスです。

5分もあれば入力から申し込みまでが完了します。

関連ページ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ