「家の売却についての基礎知識」の記事一覧

家の売却するために必要な基礎知識についてのカテゴリーです。家を売ることって一生のうちに何度もあることではありませんのでほとんどの方が詳しい知識を持っていません。後から知って後悔しないためにも最低限の基礎知識を身につけておきましょう。

中古住宅売却の流れ【売買契約に際して】

家の売却で売主も買主も合意が成立すると、今度は売買契約を交わすことになります。この段階で必要な書類や手配がありますので、順を追って手配出来るようにしていきましょう。

中古住宅売却の流れ【売出期間中】

家の売却で売出期間中には内覧希望者の訪問もありますので、リフォームやハウスクリーニングが済んでいる状態が望ましいですね。

中古住宅売却の流れ【準備期間】

家の売却をする時の準備として何をしておくと良いのかについて解説しています。仲介する不動産会社を選ぶとしても、どのような契約方法を取るのかで手数料も変わりますので、その内容も把握していたほうがいいでしょう。

家を売却するときの手数料について

家を売った値段に対して税金がかかるだけではなく、家を売るには仲介料や手数料が必要になります。どのような費用が計上されるのかを把握して、無駄に家を売る費用がかからないようにしていきましょう。

家の売却時にリフォームをして引き渡す必要があるのか?

家を売却するときには、リフォームした方がいいという話をよく聞きますが、なぜリフォームをした方がいいという考え方になるのかを知っていると家を売るコツがわかるようになります。

家の買い替えをする場合の売却に必要なこと

家の買い替えをするときには、家の売却を計画するのも大事ですが、買い替えで探す家も検討しなくてはいけません。買い替えでの売却で色々な注意点がありますのでご紹介します。

家を売るタイミングはいつが良いのか?

家を売るタイミングは家を買う理由を考えると、家を売るタイミングがわかってくるのではないかと思います。家の売却理由によっても、左右されるところが出てきますので、細かく検証していったほうが良いのです。

中古住宅は買い手があるのか?

家の売買をするときに重要となるのは、需要と供給のバランスなのです。 家を売りたい人と、家を買いたい人の利益が一致していると、「売れない家」というのはあまり出てこないのではないでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ